白内障手術を受けられる方へ

  1. TOP
  2. 外来診療の方へ
  3. 診療科目
  4. 眼科
  5. 白内障手術を受けられる方へ

白内障手術を受けられる患者さんへ

Q1

痛くないですか

A

最近の手術は、麻酔の点眼液をいれるだけでできます。ほとんどの方で痛みなくできます。緊張する方には手術中に気持ちの落ち着く薬剤をいれた点滴をします。

Q2

日帰りでできますか?

A

できます。日帰りというのは通院で手術を受けるということです。手術後は1時間ほど外来のベッドで安静にしてもらったあと、歩いて帰れます。翌日・翌々日など、術後経過観察のため通院が必要です。

手術当日 翌日 翌々日 4-5日後 1週間後 2週間後 1ヶ月後 2ヶ月後 3ヶ月後
通院
術後目薬 3種類 回数減 ⇒2種類 ⇒1種類 ⇒おわり
術後安静 歩行可 テレビ 洗顔可 眼鏡検討

日帰り術後経過の表を開く

術後の事に不安がある。体調に不安がある。遠方で通院手段がないなどの場合は、ご希望により1泊から数日入院できます。付添はいりません。

Q3

いつから運動したり、入浴したりできるの?

A

術後の安全を考えて次の表のように行います。(目安)

当日 翌日 3日後 1週後 2週後 1ヶ月後
日常生活 髭剃り/歯磨き
入浴(首から下)
洗顔/洗髪
散髪
パーマ/毛染め
テレビ
炊事/洗濯
掃除
読書/針仕事
化粧
重いものを持ち上げる
運動 散歩
車/自転車/バイク
ゴルフ/ゲートボールなど
旅行 近距離
遠距離
仕事 デスクワーク
力仕事
その他 マッサージ
リハビリ
歯科受診
眼鏡作成

術後経過の表を開く

Q4

費用はどのくらいかかりますか?(片目)

A

日帰り手術の場合は1割負担の方で約13,000円くらいです。入院の場合は約23,000円くらいかかります。

Q5

両目一度にできますか?

A

いいえ。
よほどのことがない限り、同じ日にはしません。片目(白内障がすすみ、視力が悪い方)の手術後の経過が順調であることを確認してから、もう一眼の手術をするのが安全でしょう。1週間以上あけるのがよいでしょう。

Q6

手術後には目を保護しないといけませんか?

A

手術当日は菌がいらないように眼帯をしますが、翌日にははずせます。ただし、ゴミが入ったり、こすったりしないように保護のもの(あて金)やご自身の遠方用眼鏡や簡易保護眼鏡(購入時は約2,500円必要)を使います。

Q7

メガネがいらなくなりますか?

A

きちんとした視力でいえば、まったくメガネがいらなくなるということはありません。

  • 遠方はいらないが近くは必要
  • 遠方は必要だが近くはいらない
  • 両方とも必要
  • 日常生活程度であれば、メガネなしでだいたいのことができる

これらのいずれかになります。

もともと眼鏡をかけておられる方の場合、手術しない反対眼のことやこれまでの生活上の慣れ、将来の手術のことなどによって、どうするか、どうなるかは人それぞれです。医師とよく相談しましょう。

Q8

手術をしても日が経つとまた元に戻るのですか?

A

白内障は、水晶体というレンズのにごりです。手術では濁りをとり、レンズの形はなくなりますので、本当の意味での白内障には二度となりません。
が、手術時に人工のレンズの支えのためにわざと残してある透明な薄い膜が、数ヶ月から数年後にうっすら濁ることがあります。後発白内障といいます。これは視力がさがったら特殊なレーザー光線をあて、濁った膜をとり除くことが出来ます。

また、他の老化現象や高血圧、糖尿病などから、あたらしく病気ができ、視力が低下することもあり得ます。そのため手術後も時々は視力をはかる他、眼の検査が必要でしょう