検査科

検査科について

検査科では臨床検査技師(国家資格)が、様々な検査を行っています。検査には患者さんから採取された体液(血液や尿など)を分析する検体検査と、直接患者さんを検査する生理検査があり、いずれも正確で迅速な検査結果を提供することで、病気の診断や治療に役立っています。
夜間・休日も輪番制のオンコール体制をとっており、24時間365日緊急検査に対応しています。
またチーム医療の一環として、糖尿病チームでは検査説明やカンファレンス参加、SMBG(血糖自己測定)機器の使い方の説明、NSTでは栄養状態の視標となる血清アルブミンデータの提供、感染対策チームでは院内感染防止のため耐性菌の報告を行っています。
スタッフ各自が、検査技師会や関連団体主催の研修会や勉強会に積極的に参加し、日々向上心を持って業務に取り組んでいます。

学会等認定資格
日本糖尿病療養指導士 1名
徳島県地域糖尿病療養指導士 1名
超音波検査士(腹部領域) 2名
超音波検査士(循環器領域) 2名
二級臨床検査士(血液) 1名
緊急臨床検査士 1名

徳島健生病院は日本臨床衛生検査技師会の精度保証施設認証施設です。

検体検査について

検体部門の検査では、目的に応じて採血量や採血管が異なるため、たくさん採血することがあります。検査項目によっては、食事内容や時間帯に左右されることもあります。検査は下記のように分かれており、検査室には測定機器がたくさんあります。また機械で測定するだけでなく、顕微鏡で観て判定したり、用手法でする検査もあり、技術や経験がとても重要です。

○生化学検査
血液や尿、穿刺液で、肝機能、腎機能、脂質代謝、糖代謝、電解質などを調べます。
○血液検査
赤血球、白血球、血小板などの血球を算定や分類して、貧血や炎症を調べます。
○凝固検査
出血の傾向のスクリーニングや、経口抗凝固療法のモニタリングをします。
○免疫検査
感染症(肝炎ウイルス、梅毒)、甲状腺ホルモン、前立腺ホルモンを検査しています。
○輸血検査
安全な輸血を行なうため、血液型検査、交差適合試験を実施しています。
○一般検査
尿中の蛋白、糖、潜血など腎尿路系の検査、尿沈渣にて尿中の細胞を見ます。便潜血では、大腸の出血の有無を調べ、大腸癌健診のスクリーニングとしても有用です。
○細菌検査
感染症が疑われる場合、採取された検体から起炎菌の同定、感受性検査を実施し有効な抗生物質について調べます。
○病理検査
臓器や組織からの癌細胞の有無や種類を検査します。

生理検査について

心電図・負荷心電図・ホルター心電図・簡易聴力・簡易スパイロ・血圧脈波(ABI・CAVI)

以下の検査は予約が必要です。
超音波検査(腹部・心臓・頸動脈・下肢血管・関節・乳腺・甲状腺・その他体表)
簡易終夜睡眠ポリグラフィ
脳波・聴性脳幹反応(ABR)・神経伝導検査

先輩からのメッセージ

新人のころはわからないことばかりで不安でしたが、しっかりとした研修プログラムがあり、自信を持って働くことができるようになりました。また、職種を問わず、わからない事なども聞きやすいいい雰囲気の職場です。私は、生理検査部門を担当しており、大学病院にエコーの研修に行かせて頂き、多くの症例を経験することができました。毎日の業務でもいろいろな症例を経験しながら、やりがいを持って業務に取り組んでいます。また、月1回持ち回りで勉強会や症例検討も行っており、検査科一同、自己研鑽に努めており、働き甲斐のある職場です。

スタッフ紹介