徳島健生病院 整形外科医師 峯田 和明

骨粗鬆症による骨脆弱性骨折(主に脊椎圧迫骨折、大腿骨近位部骨折)は要介護の大きな原因となります。

健康寿命の短縮のみならず生命予後を脅かす重症骨折です。一度骨折を起こすと元の生活には戻れないばかりか、骨折はドミノ倒しのように連鎖し骨折を繰り返す度に健康寿命がどんどん短縮してしまいます。

骨折を起こさなければもっと質のよい人生が送れたはず、もっと生きることができたはずという患者さんを多く診てきました。さらに、骨粗鬆症性骨折は御本人のみならず、御家族の人生をも変えてしまう出来事です。

当院では整形外科を筆頭に2016年度より、骨粗鬆症性の骨折により苦しむ患者様や御家族が1人でも多く減るようにという想いで、骨粗鬆症診療に積極的に取り組んできました。2019年度よりは骨粗鬆症対策チームを結成し、病院全体の取り組みとして尽力しております。当院では多職種で連携して骨粗鬆症診療を行っております。

現在、連携の要となる骨粗鬆症マネージャー資格を4名が有しております。骨粗鬆症は早い段階での健診と生活改善により予防することが可能です。骨粗鬆症は早期に発見し治療していけば骨折のない豊かな人生が送れるようになります。

当院にかかる全ての方の骨格の健康を守れるように2023年度より骨粗鬆症センターとして病院全体で骨粗鬆症診療に取り組んで参ります。

我々の使命は、当院にかかる患者様の健康を守ることにとどまりません。現在5%程度とされる骨密度健診の受診率向上、地域連携により徳島県全体の骨格の健康を守っていくこと、人生の質の向上、生命予後の向上に取り組んでいくことです。