経鼻内視鏡

経鼻内視鏡について

当院では経鼻内視鏡ができます!
内視鏡(胃カメラ)は口から挿入するものが一般的でした。しかし、最近では外径が約5mmの細い内視鏡が登場し、”経鼻内視鏡検査”という鼻から挿入する方法で検査が可能になりました。

特徴

吐き気が少ない 今までの内視鏡は口から入れるため、喉に麻酔をかけていました。しかし、奥の舌根部に胃カメラの管が当 ると咽頭反射、いわゆる「オエッ」とくる反射が起こり苦しいものでした。しかし、この新しい鼻から行なう胃カメラだと、この舌根部に当らない為、「オエッ」となる事が無く苦痛も軽減されます。
*両鼻の内側が狭い方や鼻タケがある場合などには、 従来の経口内視鏡(口からの胃カメラ)に変更させていただく場合もあります。
検査中に話ができる 口から内視鏡を挿入する場合、口がふさがってしまうために検査をしているときは話ができません。しかし、鼻からの場合は口がフリーなので、検査をしている医師と「痛くありませんか?」「はい、大丈夫です」というやりとりができます。気になったことをその場で確認できるので、安心して受診できます。