便秘でお困りの方へ

  1. TOP
  2. 外来診療の方へ
  3. 診療科目
  4. 内科
  5. 便秘でお困りの方へ

便秘とは

便秘とは、排便数・排便量が減少した状態で、排便後に不快感が残ることをいいます。

対策

定期的な排便習慣をつけるためには、生活リズムを正しくする事が基本となります。

  1. 1. 食物繊維の多い食事を摂りましょう

    •  · 食物繊維は水分を吸着して便を柔らかくし、量を増やして排泄しやすくしてくれます
    •  · 穀類、豆類、イモ類、野菜類は便量を増やし、柔らかくしてくれます
    •  · 海藻、果物、こんにゃくは善玉菌を増やし、悪玉菌の繁殖を抑えてくれます
    •  · 米飯には、難消化性でんぷんが含まれており、便秘に有効な繊維がとれます
  2. 2. 朝の排便反射をつけましょう

    •  · 起床後に冷たい水や牛乳などを飲み、排便反射を促しましょう
    •  · 朝食を摂ると便意をもよおしやすくなるので、朝食時間を十分確保しましょう
    •  · 便意を感じたらすぐにトイレに行きましょう
  3. 3. 水分を十分に摂るようにしましょう

    •  · 便量を確保するには食物繊維と同時に水分も必要です  目標1日1リットル
  4. 4. 1日3食規則正しく食べましょう

    •  · 食事を摂る時間が不規則だと腸の動きが乱れやすくなります
    •  · 3食決まった時間に摂るようにしましょう
  5. 5. 腸内細菌のバランスをよくする食品を摂りましょう

    •  · 乳酸菌は腸の蠕動運動を活発にしてくれます
      乳酸菌:ヨーグルト、納豆、キムチ、ぬか漬けに多い
    •  · 乳酸菌のエサとなるフラクトオリゴ糖を摂りましょう
      フラクトオリゴ糖:バナナ、りんご、ハチミツ、牛乳、たまねぎ、ごぼう、にんにくに多い

お尻に優しい生活とは

  1. 下痢・便秘どちらも大敵
  2. トイレを我慢しない
  3. 力みすぎない
  4. 冷やさない
  5. お風呂でよくあたためる
  6. 立ちっぱなし、座りっぱなしをしない
  7. アルコール・香辛料は控える

便秘解消術

腸には、便の流れが詰まりやすいポイントが2ヶ所あります。ひとつは、小腸から大腸につながる部分(1)、そして横行結腸から下行結腸に曲がる角のところ(2)です。

この部分を外から刺激することで、腸を直接刺激し、便のながれを良くします。おへその下のお腹にひらがなの「の」の字をかくように刺激します。(1)、(2)を手の指でもみほぐすようなマッサージも体操になります。

下剤の使い方や種類

  1. 1. 便をやわらかくする薬

    酸化マグネシウム錠

    • 作用緩やか
    • 長期投与可能
    • やわらかくなりすぎるようなら
      減量又は休薬
    • 効果不十分なら1回2錠内服可能
  2. 2. 腸管内への水分を増やす薬

    アミティーザカプセル

    • 妊娠中は禁止
    • 比較的高価(1日量322円)
  3. 3. 大腸を刺激する薬

    センノシド錠

    • 下痢・腹痛・骨盤内充血に注意

    ピコスルファートNa内服液

    • 細かい量の調整がし易い

    テレミンソフト坐薬

    • 使用後30分から2時間で
      排便がある