OCT(光干渉断層計)のご紹介

  1. TOP
  2. 外来診療の方へ
  3. 診療科目
  4. 眼科
  5. OCT(光干渉断層計)のご紹介

OCT(光干渉断層計)のご紹介

OCT検査でわかること

  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病黄斑症
  • 黄斑円孔
  • 網膜前膜
  • 早期緑内障

黄斑変性とは

  • 黄斑部が加齢によって変性し、見たいところが見えにくくなる疾患です。
  • 中心が欠けて見えたり、まっすぐの線が波打って歪んで見えるようになります
正常 異常

加齢黄斑変性(AMD)は50歳以上の約1.2%(80人に1人)で、中途失明原因の第4位で、最近増加しています。

加齢黄斑変性(AMD)のOCT像

正常
加齢黄斑変性

OCT検査でわかる他の病気

糖尿病黄斑症
黄斑円孔
網膜前膜
初期緑内障

最近、なんとなく物が見えにくい、ゆがんでみえるなどの症状があれば、OCT検査をお勧めします。

【検査方法】

  • あご台に顔をのせる
  • 数十秒見つめてもらう
  • 痛みなし。まぶしさなし
  • 強い白内障などなければ、散瞳必要なし

※検査費用は保険適用で、200から600円です