患者の皆様へ 診療体制表 内  科 整形外科 外  科 眼  科 アクセスマップ
開業医の皆様へ 地域連携 相談室 リハビリテーション科 回復期リハ病棟 健診の案内 放射線科 通所リハビリ
透  析 入院の案内 医学生の皆様へ 臨床研修病院 医療活動 看護部 患者会


投稿者 : master 投稿日時: 2017-08-24 (784 ヒット)

2017年度のリハ就職説明会の日程が決まりましたので、お知らせいたします。

日程は下記の通りです。

1.9月30日(土)
2.11月18日(土)
*時間:13:00から15:00
 
9月30日の模様
9月30日に今年度、第1回リハ就職説明会を行いました。
この日は7名のPT学生が参加してくれ、私たちの話しを聞いてくれましたヽ(^o^)丿
皆さん、医療従事者を志したきっかけが様々であり、楽しい時間を共有することができました。
学業や就職活動、国家試験対策とお忙しい中、貴重な時間をいただいてありがとうございました。
次の説明会は11月18日!気軽にお越しください
 
 
就職説明会ポスターはこちらから

また、上記の日時以外の個別での説明会や施設見学に応じていますので、当院に興味がある方は気軽にお電話していただけたら幸いです。

 
 
 
 
 
 
過去のリハ就職説明会の模様はこちらから
 
 

2016年度新人教育プログラムの実践模様

  •  

新人教育プログラムを参加してのメッセージ

<<新人教育プログラムを振り返って>>
  • 机上の勉強だけでは学べない患者さんに対して直結する治療技術や知識を学べ、とても充実した内容でした。
  • 関節可動域運動や筋力強化トレーニングなどの運動療法の基本的なことを一から学習する機会があり、入職前の不安だった実際の患者さんへのリハビリを行う上での手助けとなり、疾患に対する治療の進め方など多くのことを学ぶ機会となりました。
<<新卒者に対する指導係を設けている業務システムについて>>
  • 医療従事者として心構えや一般的な業務の流れなどを教えてもらい、医療従事者としての在り方などを肌で感じることが出来ました。
  • 同世代のセラピストが指導係として接してくれるので、すごく相談がしやすく、患者さんの治療上での悩んだときに一緒に考えてくれたり、アドバイスをくれるので助かります。
  • 一人で悩まずいつでも相談しやすい環境が整っています。
  • 指導係のセラピスト以外にも他の先輩セラピストの方々も評価や治療について自身の経験をアドバイスしてくれるので、とても勉強になります。
<<当院での実務経験が自身のスキルアップに繋がるか?>>
  • 急性期、回復期、慢性期、介護保険での介護サービス(デイケア・訪問リハなど)とあらゆる分野を経験することができる職場だと思います。
  • 新人教育プログラムなど疾患に対する知識や評価、治療など講義や実技手技を踏まえて行ってくれるので、知識や技術の向上に繋がると感じます。
  • 経験年数の多いセラピストがたくさんいるので、分からないことや困ったことがあったらすぐ相談や指導してくれるので勉強になります。
  • 院内での学習会や症例検討などがあり、実際の症例を踏まえて話し合いが行えるので分かりやすいです。
<<その他(院外でのイベント)>>
  • 院外の講習会に参加して、持ち帰った知識、技術をみんなで学習会を開いたりしています。
  • リハ科での懇親会やBBQなどファミリー参加で和気あいあいとしており、すごく楽しいです。
リハビリテーション科での新人教育プログラムなどはリハビリテーション科のページよりご確認ください。
 

 


投稿者 : master 投稿日時: 2017-05-26 (1946 ヒット)

地域・組合員のみなさまに当院のことを身近に感じ、より一層知っていただくために、「徳島健生病院だより『にじいろ』を発行しました。

 

 

みなさまに病院の取り組みを知ってもらう広報誌として、また健康づくりに活かせる内容
として等、読んで楽しい紙面づくりにしていきたいと思います。ぜひ、ご意見をお聞かせください。

 


投稿者 : master 投稿日時: 2015-09-25 (2202 ヒット)

 レディース健診のご案内

女性医師・女性技師が健診の対応をいたします。

毎月第3 火曜日(要予約) 14:00から16:00

【女性職員が対応する項目】

 

 

 

予約制です。事前に予約をとってから来院してください。


特定健診、がん検診、組合員健診など対応可能です。詳しくは健診センターまでお問合わせください。

 

  

徳島健生病院 健診センター 088-622-7847 まで。

 

午前中は大変混み合うことがあり、つながらないことがあります。
なるべく午後からお問い合わせいただけるようお願いいたします

 

 


投稿者 : master 投稿日時: 2015-06-05 (1755 ヒット)

 動脈硬化症を簡単に発見できる検査方法がABI(エイビーアイ)・CAVI(キャヴィ)検査

貴方の「動脈のかたさ」「動脈のつまり」「血管年齢」を測定してみませんか?

⇒詳しくはこちらより


投稿者 : master 投稿日時: 2014-08-28 (1989 ヒット)

 急に具合が悪くなったなど、突発的な患者さんからの要望により医師が自宅に訪問し診療する往診とは違い、 医師や看護師等が患者様のご自宅に訪問し、定期的かつ計画的な医療サービスをご提供しています。

 通院が困難であることは基より、ご自宅でご家族と生活しながら療養することを希望された患者さんやご家族の思いに応える事が出来るのが、訪問診療で、その人らしく生きていくことを支えるものといえます。

患者さんが、自身のライフスタイルを大事にしながら、療養できる事が、最大のメリットで、終末期をご自宅でご家族様とお過ごしなるといった要望にもスタッフ一同・全力で支援させていただきます。

訪問診療をご希望される方はお気軽にお問合わせください。

詳しくは、こちらより

 


投稿者 : master 投稿日時: 2014-05-07 (3484 ヒット)

現在、大腸がん検診は便潜血検査を主体に行われていますが、大腸CT検診はより精度が高く、大腸内視鏡検査に比べて負担が少ない、最新の大腸がんスクリーニング検査です。
今までは便潜血反応が陽性、あるいは、大腸がんの疑いがある場合に大腸CT検査を行ってきましたが、これからは健診で大腸CT検査を受けて頂けるようになりました。

 
大腸がんによる死亡者数は女性1 位男性3 位になっています。

大腸がんは、かなり進行するまであまり自覚症状は出ません。大腸がん検診を受けていなくて、便通異常、便に血が混じるなどで病院を受診した時は、すでに手遅れで、「もう少し早く受診していれば」というケースに日常診療で遭遇します。
大腸がん検診を毎年受けていれば早期がんの5 割、進行がんの9 割は発見でき、手遅れになりにくいといわれています。

 早い段階で発見された場合の生存率は非常に高いので、早期発見が大変重要です。

大腸CT検診を受けてみませんか?  

  

徳島健生病院 健診センター 088-622-7847

または 徳島健生病院 代表 088-622-7771 まで。

  • 午前中は大変混み合うことがあり、つながらないことがあります。
    なるべく午後からお問い合わせいただけるようお願いいたします。

大腸CT検査に関して新聞雑誌などの掲載一覧はこちら


投稿者 : master 投稿日時: 2014-01-08 (2692 ヒット)

徳島健康生活協同組合では、学生の皆さんの学業を支援する奨学金制度を設けています。
医療生協、民医連の医療や看護活動に共感し、将来共に患者さんに寄り添う医療がしたいと希望する学生に対して毎月奨学金を支給し、学生生活の援助を行うことを趣旨としています。
 
詳しくは、こちらより ⇒看護学生奨学金制度
 


投稿者 : master 投稿日時: 2012-12-19 (3651 ヒット)

徳島健生病院では研修医を募集しています。

くわしくはこちらから→
研修医募集(PDF)


投稿者 : master 投稿日時: 2004-11-01 (3552 ヒット)

徳島健生病院は、患者さんと共に安全・安心で信頼される医療を実践することを理念としています。病院を受診して頂く皆さま、御家族、お見舞いの方々の健康を守ることを病院の使命と常々考えてきました。この考えのもとに当院では、以前より分煙に取り組み、建物外に喫煙所を設けてそれ以外は禁煙とし、周知徹底してまいりました。

最近、喫煙及び受動喫煙による健康への影響が広く認識され、公共施設内での禁煙化が推進されています。平成15年5月1日より健康増進法第25条において、「病院、学校など多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない」と規定されました。これを受けて、徳島県でも県立高校や小中学校の敷地内禁煙が決定されています。さらに、日本政府は2004年6月8日に『タバコ規制枠組条約』に批准しました。これはWHO(世界保健機関)がタバコによる犠牲者を防ぐ為に、定めたものです。

受動喫煙の害は以前考えられたものよりずっと重要視されるようになっています。たとえば喫煙者から半径20m、直径で40m以内は受動喫煙の被害を受ける場合がある事が判明しています。喫煙者から20m離れた位置で受動喫煙の被害を受けてもたいした事はないと思う人がほとんどだと思いますが、発ガン性についてそうではない事が証明されつつあります。また、今も世界中でタバコの煙で多くの人が被害にあっています。歌手のテレサ・テンさんも受動喫煙の被害で命を奪われた人の一人です。彼女は1995年5月に滞在先のタイのホテルで、受動喫煙の影響で喘息発作を起こし死亡しました。このようなことからも、病院のように呼吸器系や循環器系の疾患を持つ人がほとんどの施設で、タバコの煙は時によっては生命を脅かす可能性が高いことは容易に想像できます。

以上の観点により、平成16年11月1日より当院敷地内での全面禁煙を実施することにいたしました。病院をご利用頂く方々、病院に在籍している皆様に禁煙にご協力をお願いいたします。喫煙されている皆様には、禁煙に抵抗感があることは充分承知しておりますが、皆様の健康を守ることを使命にしている病院の立場をどうか理解していただきますようお願い申し上げます。

参考メモ


健康増進法25条
学校、体育館、病院、劇場、展覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内またはこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。

受動喫煙による死亡者数

肺がん 1,580名
虚血性心疾患 2,672名
脳卒中 9,838名

※日本全国で平成12年度1年間

・合計してこの3疾患だけで14,090名(金沢大学野村ら)
・国立がんセンターの報告では他の疾患も含めると約2~3万名が受動喫煙による病気で死亡している。
・ちなみに1年間の交通事故死は、現在約8,000名
 


ニュースカテゴリ



088-622-7771 770-8547 徳島県徳島市下助任町4丁目9
徳島健康生活協同組合 徳島健生病院
 FAX 088-653-8480