患者の皆様へ 診療体制表 内  科 整形外科 外  科 眼  科 アクセスマップ
開業医の皆様へ 地域連携 相談室 リハビリテーション科 回復期リハ病棟 健診の案内 放射線科 通所リハビリ
透  析 入院の案内 医学生の皆様へ 臨床研修病院 医療活動 看護部 患者会


経鼻内視鏡について

吐き気が少ない

今までの内視鏡は口から入れるため、喉に麻酔をかけ ていました。しかし、奥の舌根部に胃カメラの管が当 ると咽頭反射、いわゆる「オエッ」とくる反射が起こ り苦しいものでした。しかし、この新しい鼻から行 なう胃カメラだと、この舌根部に当らない為、「オ エッ」となる事が無く苦痛も軽減されます。 *両鼻の内側が狭い方や鼻タケがある場合などには、 従来の経口内視鏡(口からの胃カメラ)に変更させて いただく場合もあります。

検査中に話ができる

口から内視鏡を挿入する場合、口がふ さがってしまうために検査をしている ときは話ができません。しかし、鼻か らの場合は口がフリーなので、検査を している医師と「痛くありません か?」「はい、大丈夫です」というや りとりができます。気になったことを その場で確認できるので、安心して受 診できます。
前
ラップ療法(湿潤療法)について
カテゴリートップ
TOP
次
糖尿病外来について


088-622-7771 770-8547 徳島県徳島市下助任町4丁目9
徳島健康生活協同組合 徳島健生病院
 FAX 088-653-8480