転倒・転落防止

入院中に起こりうる転倒・転落事故について、患者様、ご家族の皆様にも知っていただき、事故防止のためにご協力をお願いしたいと思います。
私たちは、転倒・転落を防ぐためにベッドの周辺の環境整備や患者様の状態に合わせた個別の対応で転倒・転落防止に努めていますが、それでも転倒転落は、起きる可能性があります。

転倒・転落事故が起こる危険性

  • 入院により環境が変わり、気持ちが不安定になる
  • 病状を理解できず、無理に動いてしまう
  • 平衡感覚のバランスが悪くなる
  • 足腰の筋力が低下した
  • 遠慮してナースコールが押せない
  • リハビリが進んできて、自分でできるようになったと思い、チャレンジして転倒する
  • 麻痺などがある場合
  • 安定剤、下剤、利尿剤などを服用している場合
  • 床の濡れ等で滑りやすい
  • 段差やものにつまずく
  • ベッドや床頭台につかまり立ち上がる

次の点でご協力をお願いします

  • 1) これまでに転倒・転落事故を起こしたことがある場合や、安定剤等を服用されていたことのある方はお知らせください。
  • 2) 普段の家での生活状況(ベッド・布団・トイレ)等をお聞きすることもあります。
  • 3) 状況によっては、転落・転倒を防止するための対策をさせていただくことがあります。
    また履物、杖などを準備していただくこともあります。
  • 4) 安全上、ご家族様の付き添いが必要と判断した場合は、ご協力をお願いすることあります。
  • 5) 万一、転倒・転落した場合、頭部打撲・骨折・外傷時等は時間を問わず夜間でも連絡させていただくことがありますので、緊急時の連絡先をお知らせください。
  • 6) 頭部打撲等は、後で容態が変わることもあるので、その時は再度ご連絡させていただきます。