沿革

1964年

7月
健生診療所(19床)開設

1966年

9月
健生病院となる(34床)
10月
基準看護Ⅰ類、基準給食、基準寝具の三基準認可

1973年

5月
健生病院新築 (現在地 / 140床)
10月
労災指定病院認可

1974年

2月
原爆医療法による認定医療機関許可
6月
基準看護特Ⅰ類認可

1976年

6月
基準看護特Ⅱ類認可
10月
訪問看護開始

1977年

12月
健生病院付属診療所開設

1981年

11月
病院内に訪問看護課開設

1982年

1月
重症看護・重症患者収容施設として13床認可
6月
健生病院個室増床(134床)

1983年

7月
健生病院小児科開設

1984年

5月
健生病院整形外科研修病院認定
8月
健生病院増床(153床)
11月
健生病院付属診療所閉院

1986年

1月
健生病院産婦人科開設
4月
健生病院西館竣工(252床)

1996年

10月
人工透析開始

1997年

6月
デイケア開始
11月
健生小児科クリニック開設

1998年

4月
健生病院眼科開設
6月
健生渭北診療所開設
12月
健生石井病院へ分床 50床減(202床)

1999年

8月
マンモグラフィー・骨密度測定器導入

2001年

2月
産婦人科閉科
7月
健生病院198床へ

2002年

11月
健生病院190床へ(療養48床)
MRI導入 総合リハビリテーション開設

2003年

4月
健生渭北診療所閉院

2004年

2月
電子カルテ・オーダリング導入
10月
回復期リハビリテーション病棟開設
11月
臨床研修指定病院許可
敷地内全面禁煙開始

2005年

6月
二次救急告示取下げ
10月
日本医療機能評価(Ver5)受審

2006年

4月
健生病院186床へ(一般病床138床 回復期48床)
7月
障害者病棟開設(一般病床98床 障害者40床 回復期48床)
9月
許可病床数変更(一般病床101床 障害者37床 回復期48床)
10月
一般病棟7対1入院基本料算定開始
12月
許可病床数変更(一般病床102床 障害者60床 回復期24床)

2007年

5月
障害者病棟10対1入院基本料算定開始

2009年

6月
許可病床数変更(一般病床101床 障害者61床 回復期24床)
亜急性期病床取得 10床
7月
64列マルチスライスCT(64列MDCT)導入、PACS導入

2010年

12月
日本医療機能評価(Ver6)更新

2011年

4月
二次救急告示再開
無料低額診療事業開始

2012年

4月
亜急性期病床増床 全15床

2013年

3月
健生病院162床へ(一般病床101床 障害者37床 回復期24床)
障害者病棟7対1入院基本料算定開始
7月
亜急性期病床減床 全10床

2014年

10月
許可病床数変更(一般病床53床 障害者85床 回復期24床)
亜急性期病床廃止

2015年

9月
健生病院174床へ(一般病床53床 障害者85床 回復期36床)
12月
日本医療機能評価(3rdG)更新

2016年

10月
地域包括ケア病床開設
許可病床数変更(一般病床53床 障害者45床 回復期40床 地域包括ケア36床)