薬剤科

病棟業務について

一般病棟に専任薬剤師を配置し、医師や看護師、その他の医療関係者と協力しながら、チーム医療の一員として患者さんをサポートしています。

病棟業務では患者さんと直接関わることができるため、ベッドサイドでアレルギー歴や副作用歴、持参薬の確認をしたり、薬の効果や飲み方、副作用の発現がないかなど、安心して服用してもらえるように説明を行っています。また、カンファレンスへの参加、病棟配置薬の管理も行っています。

患者さんや他の医療関係者から声をかけやすい!相談しやすい!を心掛けながら病棟業務を行っています。

調剤業務について

入院患者様のお薬について、処方箋をもとに電子カルテから年齢や体重、検査値などさまざまな情報を入手し、処方内容のチェックを行い調剤しています。薬剤師と医師が連携を取り情報交換を行うことにより、適切で安全に薬が使用されるように努めています。また、外来での糖尿病薬や骨粗鬆症治療薬の自己注射導入時の初回指導を行っています。

注射薬無菌調製について

すべての抗がん剤調整と一部の高カロリー輸液(TPN)を無菌調製室で調製しています。
また、抗がん剤については、がん化学療法委員会で承認されたレジメンに基き、投与量チェック、監査を行った後、安全キャビネットで調整しています。

医薬品情報業務について

医薬品を適性かつ安全に使用するために必要な情報を収集・評価し、医師や看護師などの医療従事者に情報提供を行っています。院内の採用薬や薬の適正使用などについての情報を発信する薬事委員会ニュースや、病棟などで薬に関しての「困ったこと」を解決するためのDIニュースを発行しています。また、患者さんや院内各部署からの問い合わせにも対応しています。

先輩薬剤師からのメッセージ

徳島健生病院は大学病院のように大きくはありませんが、急性期から在宅医療まで幅広い機能を持つ多機能病院です。例えば、手術を受けられた患者さんが、毎日リハビリを頑張って、元気に自宅へ退院されるまでの経過に、薬剤師として寄り添うことができます。

医師や看護師との距離がとても近く、常に多職種で患者さんに関わることができます。患者さんから質問されたり、医師や看護師等から相談を受けると、自分の知識・経験不足を痛感しますが、とても勉強になります。分からないことや知らないことも気軽に聞けるので、その場でディスカッションが始まることも少なくありません。

調剤、病棟業務、無菌調製、TDM、カンファレンス、委員会・・・と忙しい毎日ですが、1年目から万遍なく薬剤師業務を経験できるので、スキルアップができますし、何よりもやりがいがあります!また、経験年数や正職員・パート職員で業務内容に違いはありません。薬剤科では、学習会や情報共有を行い、常にレベルアップを図ったり、気になることがあればすぐに相談できる雰囲気があります。

病院薬剤師に求められていること・期待されていることはたくさんあり、今後ますます活躍の場が広がっていくと思います。やりたい事があれば皆が協力してくれるので、何でもできますよ!

もし、病院薬剤師に興味のある方や転職を考えている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。いつでも見学OKです!

スタッフ紹介